FC2ブログ
DATE: 2014/11/30(日)   CATEGORY: 未分類
年末に向けて
巷ではハロウィンモード。
昨日、地元のイオンに行ったら、すでにクリスマス商品が並んでいて驚きました。
早すぎないか?
まだ1か月以上先なのに。

と、世間はクリスマスにわくわくしてる人が多い中、私はクリスマスより正月好きです。
実家が正月に力を入れるタイプなので、今から年末に向けての準備をしています。

まず年末と言えば、「忠臣蔵」。
年末というより、冬の風物詩的な、忠臣蔵がテレビで放送されたりすると、もうすぐ年末が近いなと思ってしまう私。
去年ぐらいから「忠臣蔵」にはまり、ドラマや舞台、赤穂に遊びに行ったりしています。
そして、忠臣蔵に向けて本を読み始めました。
最近読んだ「吉良の言い訳」が面白かったので、歴史が好きな人はぜひ読んでもらいたい。
吉良上野介が悪というイメージが「もしかしたら違うのかも」と思う作品でした。
他にも吉良や赤穂浪士目線ではない小説もたくさんあるので、ぜひぜひ読んでみたいです。
何かおすすめがあったら教えてください。

そして、年末の準備はおせち料理。
実は、作ったことが一度もないのですが、大好きな漫画「三月のライオン」(羽海野 チカ)の中に、古風な子供が苦手そうな料理ばかりではなく、子供も食べれるおせち料理が載っていて、これに近いものを作ってみたいと思ったのがきっかけです。

でも、おせち料理ってそれぞれ意味があるのだとうっすら聞いたことがあるので、ある程度めでたいおせち料理を目指して、おせち料理の雑誌を図書館で借りてみました。
残念ながら新刊のおせち料理の雑誌はなかったので、去年の雑誌を借りてみました。

う~ん、料理が苦手な私に作れるだろうか。
ってか、作りたいものを作っていたら幾らかかるのだろうか。
そんなことを考えつつ、雑誌をペラペラ。
これはおせち料理というくくりに縛られず、今度いろいろなレシピ本を借りてきてみようと決意しました。

皆様はどうなのでしょう。
やはりおせち料理は古風なものをつくるのでしょうか。
それとも、最近はやりのお店で注文でしょうか。
スポンサーサイト



Copyright © 孝子さんは今日も元気です!. all rights reserved.